英語を多読でやってみて

サプリメントを5文字で説明すると > 注目 > 英語を多読でやってみて

英語を多読でやってみて

多読、という言葉がよく聞かれるようになったのは、もうかなり以前のことかと思い

ます。

英語の多読とは、その漢字のとおり英文を多く読むこと、そうして英語に慣れる理解

するを基本とした学習方法であるのだと思います。

以前多読トレーニング法について本で見たときには、ある程度の速さで目線を動かし

て、それでいて一ページの中に何語以上わからない単語が出てきたときには本の難易

度を下げるべきだ、というやり方があった気がします。

本は多読トレーニング用の難易度の表記されたものが出ているようで、そういった本

は難易度にあわせた範囲の単語や文法で文章が書かれていて、勉強に用いたい人には

便利なつくりになっているようです。

私も試しましたがなんと言うか馴染めなかった気がしたのは、すばやく読み進んでい

くという読み方が普段のじっくりゆっくり読みたいという自分の読書タイプと合わな

かったからかもしれません。勉強ということはわかっているので慣れる為に手際よく

読みすめようとするのは理解できてやろうとするのですが、読み方の違いがねじれて

違和感があり中できない感じがありました。

習慣というのはおそらく人の習性を利用しようとしているやり方においては、結構影

響が出るのではないでしょうか。

かわりにというか、日本語に翻訳されていて好きで何度も読んでいた本の英語版(易

しいもの)を使ってじっくりと読んでいくほうが成果が大きかったかと思います。

多分多読でもそうなのでしょうが、好きで興味の持てる内容で行っていくことは大切

なのだろうと思います。

米肌トライアルセット 口コミ評判・感想



関連記事

  1. 東大阪市の不用品回収、リサイクル業者の近畿リサイクル
  2. 英語を多読でやってみて
  3. 認知症の話
  4. ちゃんとしたフラッシュモブをやるために
  5. フラッシュモブでプロポーズしたいと考えてみる